冬の関東平野

私はうつ病です。『日光浴をするとうつ病に良い』と本に書いてあったので、朝食後に40分くらいかけて散歩をすることを日課にしています。

 

雨が降って散歩へ出かけられない日は気分が落ち込むので、朝の散歩は効果があるように感じています。日の光が弱くなる冬の間だけ、うつになる人もいるみたいです。最近、日光は紫外線の害ばかり注目されていますが、心の健康に与える影響も考えると、全く日の光を浴びないというのはどうなんだろう?と思ってしまいます。

 

この時期、天気図を見ていると、日本海側の地域では天気の悪い日が続いて、うつ病の人はつらいだろうなぁ、なんて心配しています。そんなとき、私は関東平野で暮らしていることを幸運に思います。冬の関東平野では晴天の日が続くからです。

 

やる気がなくなるうつ病の人が焦燥感にかられて、イライラするなんて言うと健康な人は意外に思うかもしれませんが、そうなっちゃうのです。そうすると私は、疲れるまで当てもなく外を歩き回ってくるのですが、そんなときに天気が悪くて外出できないとつらいのです。雪国の人たちのように何日も家に閉じこめられて外出できないなんて、想像するだけでゾッとします。

 

関東平野に人がたくさん集まったのには、冬に晴天が続くことも理由の一つなんじゃないか、と思ううつ病患者です。