クローバー・レイン

f:id:asuniwanarou:20150302125421j:plain

大崎梢、ポプラ文庫
☆☆☆
本がどんな風にして作家のもとから、読者に届くのかを編集者の目線で体験することができる一冊です。

 

大手出版社に勤める彰彦は、久しくヒット作に恵まれなかった中年男の家永の自宅で偶然素晴らしい原稿を見つけ、本にしたいと願います。渋る家永を説き伏せ、原稿をあずかることになったのですが、しだいに彰彦は自分の考えが甘かったことに気づき、家永の心配が現実のものとなります。大手出版社は人気作家を多数抱えているので、売れるかどうか分からない過去の人となった作家の原稿には用がなかったのです。

 

大きな組織の中で、本が出版されるまでのハードルをいくつも乗り越えるために彰彦の奮闘が始まります。その中で、出版業界で働く人たちのお話が紹介され、

 

「へーっ、本ってこうして作られているんだ」

 

となるはずです。

 

登場人物たちが人間らしいことにも感心しました。人間って、完全な善人、完全な悪人っていないと思うんですよね。善良だと思っていた家永に意外な過去があったり、優秀な編集者でスマートに仕事をこなす彰彦にも人には言えない家族の秘密があったり、そういった荷物を背中に背負いながら日々の生活を続けている登場人物たちの様子がとても良かったと思いました。

 

その他に隠し味程度ですが恋愛も入っているので、内容盛りだくさんな小説です。出版業界の内側を覗いてみたい方にオススメの一冊です。