ぼくの嘘

f:id:asuniwanarou:20150220122811j:plain

藤野恵美講談社
☆☆☆
このお話は段落ごとに高校生の勇太とあおいの目線で書かれた青春小説です。

 

クラスでまったく目立たない勇太が、男性ばかりか女性までも振り向かせる美少女のあおいに弱味を握られて、恋人のふりをしてデートすることになります。

 

美少女とデートなんて普通なら喜ぶところなのですが、複雑な事情がある勇太は渋々デートすることになります。あおいはというと、彼女は同性愛者のため勇太を好きになることは最初からありません。

 

渋々デートをして、やっかいごとを二人で解決するうちに勇太の心に変化が起きて、勇太はあおいを好きになってしまうのですが、同性愛者のあおいを振り向かせることは出来るのでしょうか?

 

人間って理性的な生き物って言われているけど、

 

《分かっちゃいるけど、やめられない》

 

ってことが沢山ありますよね。このお話のテーマになっている異性を好きになるっていうのもその一つだと思います。好きになるのに理由なんてないし、時と場所も選びませんし、本当に厄介です。私も恋愛では随分と恥をかきました。中年と言われる歳になってみると、なんであんなに夢中になれたんだろうって不思議なんですけどね。