片想い白書

f:id:asuniwanarou:20150416165133j:plain

唯川恵、光文社
☆☆☆
5つの短編が収められた恋愛小説です。

 

「胸が苦しくなる」

 

とか

 

「胸がキュンとする」

 

なんて表現がピッタリの物語です。絵がない少女漫画だと思っていただけたら間違いありません。好きな男の子を真っ直ぐに思う5人の女子高生が登場します。

 

でも、好きって気持ちだけでは成就しないのが恋愛の難しいところ。どの女の子も意中の男の子に思いをぶつけることができずに悩みます。

 

恋愛のきっかけを掴む子がいたり、諦める子がいたり、中には恋敵と男の子のキューピッドになる子もいます。

 

絵がない少女漫画なので、主人公たちが好きになる男の子は、どの子も魅力的な男の子ばかりです。こういった小説が好きな女性なら、主人公と一緒に夢中になること間違いなしです。

 

私は、余計なことを考えず、純粋に異性を好きになることができた、眩しく、短い季節を思い出しました。大人になると、相手の経歴や収入がどれくらいあるかなんてことを考えてしまって、こんな恋愛は絶対にできませんよね。