読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

屋根がない!

f:id:asuniwanarou:20150523144414j:plain

ラジオを聞いていたら、面白い川柳と出会いました。

 

オ・モ・テ・ナ・シ
工事始まりゃ
オ・ヤ・ネ・ナ・シ

 

新国立競技場は屋根がない状態で東京オリンピックを行うそうです。

 

ここからは私の想像なんですが・・・。

 

役人は、だいたい3年で異動します。キャリア(幹部候補生)は1年で異動することも珍しくありません。そうするとどうなるかっていうと、

 

『自分の在任期間中が無事ならいいや、後は野となれ山となれだ。』

 

と思いながら仕事をするようになるわけです。ですから、長期にわたるプロジェクトの初期段階では、実現性よりも上司の受けがイイ計画書を作ってその場しのぎしちゃうんです。

 

見通しが甘い計画書にサインしちゃう高級官僚や政治家が馬鹿なんですが、「出来ない」って言う部下より、自分のやりたいことにバラ色の将来を描いてくれる部下が可愛いのも人情です。

 

おそらく今、建設費がなくて困っている文部科学省のお役人の中には、計画当初の段階から携わっている人は一人もいないと思います。たまたま転勤してきてみたら、時限爆弾が設置してあった、そんな風に感じているはずです。【新国立競技場、屋根がない事件】の真相はそんなところじゃないでしょうか。

 

それにしても、8月の東京で直射日光を浴びながら、陸上競技観戦するのは苦行でしょうね。