読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくは明日、昨日のきみとデートする

f:id:asuniwanarou:20160805152636j:plain

七月隆文宝島社
☆☆☆
若い男性向けに書かれたライトノベルです。

 

主人公は京都の美大に通う南山高寿(20)です。電車の中で同い年の美女、福寿愛美(20)と出会って一目ぼれ、その場でスグに告白して恋人になります。

 

物語の冒頭で恋人になってしまう二人、このあとどうやって物語が進んで行くんだろうと心配になりましたが、そこには不思議な題名に隠された謎が大いに関係しているのでした。謎について書くとネタバレになってしまうので書きませんが、ザックリと分類すると、この物語は悲恋ものになります。

 

この本では、福寿愛美が、いかに美しく、しぐさが可愛らしい女性かということを高寿の目線で繰り返し描写しています。あんまり何度も説明されるので、私は物語の後半では食傷ぎみになりました。

 

この本は、若い男性にターゲットを絞って書かれたものだと思うのですが、たくさん売れているようなので、

 

『愛美みたいな女の子が今どきの男の子たちの理想なのかなぁ』

 

と思いながら読みました。

 

この本を読んだ若い女性の感想をぜひ聞いてみたいところです。