そのころ、白旗アパートでは

f:id:asuniwanarou:20180302152200j:plain

伊藤たかみ講談社
☆☆☆
東京の荻窪駅の近くにあるおんぼろアパート、《白鳩アパート》に住む3人の青年を主人公にしたモラトリアム小説です。

 

アパートの屋根の上には、なぜか白い旗が掲げられていて、

 

「アパート全体が、人生に白旗を揚げているみたい」

 

と言って、住人たちは気に入り、自分たちの住処を《白旗アパート》と呼んでいます。

 

主人公になる青年たちですが、

 

青年1:自称、小説家。
青年2:二浪、二留の大学6年生。
青年3:卒業間近の大学を中退し、医大受験を口実に故郷へ帰らない浪人生。

 

となります。

 

こんな3人が、お金、お洒落、女性にまったく無縁の生活を無為に送る姿を描いています。しかし、悲壮感はなくて、小金が手に入るとお酒とタバコにすぐ交換し、意識がなくなるまで3人で痛飲して楽しく暮らしています。

 

自分には特別な才能があり、うっかり就職なんてしたらその才能が無駄になるんじゃないか、今はその才能が何なのか自分にも分からないけど、才能が自然に開花するのを待ってみようじゃないか、とおおらかな気持ちで日々を過ごしているのです。

 

私は、中学、高校と卓球部に所属していて、そこで、

 

『私は運動神経が悪い』

 

と悟り、大学受験で苦労して、

 

『私は頭が悪い』

 

と悟ってからは、大それたことは考えなくなってしまいました。

 

この小説の主人公たちのように、地位、名誉、財力すべてなくても、自分自身を肯定的にとらえ、未来は明るいと信じて過ごすことが出来るのは、それ自体が素晴らしい才能だと思いました。私みたいにすぐペシャンコに凹んじゃう人間には、3人がまぶしく見えます。