わけあって絶滅しました。世界一おもしろい絶滅したいきもの図鑑

f:id:asuniwanarou:20180903164051j:plain

監修:今泉忠明
著:丸山貴史
ダイヤモンド社
☆☆☆
とっても面白いです!図鑑と言いながら、挿絵がデフォルメされていて、可愛いのも良いです。

 

これまで、地球上に姿をあらわした生物種の99.9%は絶滅してしまったそうです。なので、失敗学のタネには事欠かないみたいで、色々な理由で種が絶滅してました。

 

一番多い理由が【りふじんな環境の変化】だそうで、この理由で絶滅していった生き物には、IT革命にうまく適応できず、職場で四苦八苦していた私は同情せずにいられませんでした。

 

また、地球ではこれまでに短期間のうちに70%以上の生物種が絶滅する大事件が5回起こっていて、それには【ビッグファイブ】なんてカッコイイ名前が付けられているのを初めて知りました。

 

とくに、約2億5800万年前~2億5100万年前に起こった大絶滅では、生物種の96%が絶滅したので、これを生き延びるには相当な強運が必要だったことでしょう。

 

最後に、これを読み終えて、ダーウィンの言葉が頭に浮かんだので、書いておきます。

 

①生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。
②有利な個々の変異を保存し、不利な変異を絶滅すること、これが自然淘汰である。