セミリタイアブログのほとんどは、盛り過ぎだと思う

f:id:asuniwanarou:20210303161141j:plain 

  私は、職場のストレスからうつ病になって、退職に追い込まれました。

 

うつ病が回復してから再就職活動をしましたが、3百枚以上の不採用通知を受け取り、絶望して就職活動を止めました。

 

それからは、ずっと中年ニートをやっています。そんな私と生活習慣が似ている人をネット上で探して見つけたのが、セミリタイアブログです。

 

ランキングをたよりに見つけたブログをいくつか定期購読しているのですが、参考になる気持ちと少しの違和感を持つようになりました。

 

それは、

 

セミリタイアを盛り過ぎ》

 

ということです。

 

たしかに、ブログの閲覧数を上げるコツとして、

 

①役に立つことを書きましょう。
②気持ちが明るくなる文章を書きましょう。
③可愛い、美しい、そんな写真やイラストを添付しましょう。

 

というのがありますが、それにしたって・・・、という感じです。

 

セミリタイアブログで頻繁に取り上げられる記事が節約と投資ですが、これって、お金の心配をいつもしているからですよね。それなのに、

 

「お金なんか使わなくとも毎日充実してます!」

 

って言ってるけど、本当かなぁ?

 

あともう一つ、【孤独】について触れている人がいないことが気になります。

 

無職になると、人と話す機会がなくなります。一週間、人と喋らなかったなんてザラです。同年代の人は働いてるから平日は一人で過ごすよりないし、休日でも働いている人と同じように余暇を過ごしたらニートは破産しちゃいますから、かつての同僚たちとも疎遠になるんです。【孤独】って辛いんですよ。経験してない人には分からないだろうけど。

 

サラリーマン時代よりましだと思えるのは、

 

①満員電車に乗らなくてよい。
②やりたくないことを無理してやる機会が減った。
③自分が悪いわけではないのに謝ることはなくなった。

 

の3つですかね。

 

ですから、「セミリタイアしてバラ色の生活を手に入れた!」というのは大げさで、サラリーマン時代より少しマシになったというのが現実ではないでしょうか。