愛は苦手

f:id:asuniwanarou:20210214155821j:plain

山本幸久、新潮社

☆☆☆

短編集です。8つの物語が納められています。一つ読むのに40分くらいかかります。

 

主人公は全員、40前後の女性です。結婚していたり、独身だったり、子供がいたり、いなかったり、と様々です。なので、8人の主人公たちに共通点を見出すことはできません。

 

しかし、物語のラストが単純なハッピーエンドではなくて、ちょっとほろ苦い感じがする点は共通しています。

 

ただし、絶望的で、暗い気持ちになるお話は一つもないので、安心してください。

 

40歳と言えば、自分に何が出来て、何ができないか、ハッキリと理解する年齢です。子供の頃に夢見たようなことは何も起こらないと知った後、どうやって生きていくか、8人の主人公たちが模索しています。

 

そういう意味で、この本の推奨年齢は40歳以上です。20代で読んでも理解はできても、腑に落ちるみたいな経験はないでしょう。年を取って分かることもあるってことです。