うつ病、無職の雑記帳

孤独です。しあわせになりたい。

何物にもなれなかった53歳

40代中ごろに数年間、就活したものの3百通の不採用通知を受け取り、

 

「私は日本に必要ないんだなぁ」

 

と分かり、就活は止めました。

 

多少の蓄えはあるものの、自分がいくつまで生きるのか分からないので無駄遣いはできません。そこで、図書館で借りてきた本を読みながらひっそりと生きてます。

 

そんな図書館で、月謝が4千円の弦楽合奏教室の募集広告を見て、スグに応募したのですが、平日の午前中に集まるメンバーは65歳以上の人たちばかりで、当時40代後半だった私とは話がまったく合いませんでした。下手くそばかりで合奏にならず、おしゃべりもできないということで2年ほど通って辞めました。

 

今は、

 

朝起きて、食事して、散歩して、本を読んで、新聞を読んで、食事して、昼寝して、YouTubeを見て、風呂に入って、食事して、テレビを見て、寝る

 

を繰り返しているだけです。

 

子供のころには学者になりたかったんですが高校入試で、

 

「私は学者になるほど頭が良くない」

 

と気づいて諦めました。

 

それでも勉強は続けて大学卒業後、国家公務員になるのですが、それも勤続20年目でうつ病になり自己都合退職、、、。

 

まじめに生きてきたつもりなんですがねぇ。何物にもなれなかった53歳はどうやって生きて行けばよいのでしょう?生きているのがつらいです。