うつ病、無職の雑記帳

孤独です。しあわせになりたい。

リサイクルショップは、そんなに安くない

腕時計が壊れました。

 

物欲がなく、食料品と日用品しか普段買わない人間なので、久しぶりの買い物に俄然やる気がでました。

 

まず、腕時計を扱っているお店では一番近所にあるイオンへ行きました。ここでは腕時計を定価で売っていました。それでも目星を付けるのには使えるので店内を物色。そして、定価1万円の腕時計に狙いを定めました。

 

次に、大手のリサイクルショップを2店舗回りました。私の欲しい腕時計はリサイクルショップAでもリサイクルショップBでも5千円で売っていました。

 

AとBは違う会社が運営するリサイクルショップなのですが、近ごろは店頭に並べる商品の値段を本社にある人工知能で一括管理しているらしく、欲しいものが中古品の相場を大きく外れて売っていることはないみたいです。昔は、モノの値段を知らない店主が相場よりも安く値付けした中古品を買って転売する《セドリ》なんて商売が成立しましたが、人工知能が値付けするようになるとセドリも絶滅する職業となりそうです。

 

そして、最後に家から離れた所にあるビックカメラへ電車で行きました。そこでは腕時計が8千円でした。みなさんならどうします?

 

新品  8千円
中古品 5千円

 

私は、うつ病・無職、そして、就活して3百通の不採用通知を受け取った身です。今ある貯金がゼロになったら破滅する人間なのです。1円だってムダにはできません。でもねぇ、新品と中古品の差が3千円しかないって。それに中古品は当たり外れが新品よりもあって、かえって損したことも数回経験しています。

 

というわけで、今回は新品を買いました。今回の買い物では、

 

「今のリサイクルショップって、そんなに安くないなぁ」

 

という感想を持ちました。リサイクルショップが繁盛することは、私のような貯金生活者には良いことのように思ってましたが、それだけ商品の回転が良くなると、そこから得られる販売データをもとに人工知能が高い値付けをするようになるので良いことばかりじゃありませんね。