必要なものしかなかったら、世界は殺風景だ

f:id:asuniwanarou:20120802101444j:plain

瀧羽麻子さんの【うさぎパン】という本の中に心に残る言葉がありました。勉強が嫌いな高校生が家庭教師の大学院生に、学校の勉強は生きて行くのに必要なのか質問するのですが、大学院生はしばらく考えて、

 

「必要なものしかなかったら、世界は殺風景だと思う」

 

と答えるのです。

 

昔、花の苗を植えていたら、

 

「そんな食べられないものを育てて、なんの役に立つんだ?」

 

と人から言われたことがありました。そのときは上手く答えられず、愛想笑いだけしておいたのですが、うさぎパンの大学院生のように答えればよかった。

 

うつ病になって職場に居場所がなくなり、自己都合退職してから6年目。就活するも二百社以上から不採用通知を受け取り、40歳過ぎてからの就職はとても難しいという現実を実感し、だったら、

 

『自分で何かを始めなきゃ』

 

とは思うのですが、何か思いつくたびに、

 

『そんな一円にもならないことしてどうする』

 

と自己否定してしまいます。

 

そんな風に考えていたら、殺風景な人生になってしまうと頭ではわかっているんですけどね・・・