今どきの三者面談

f:id:asuniwanarou:20161101150337p:plain

私には妹がいます。妹には中学三年生になる男の子がいて、学校で三者面談をしてきたそうです。

 

今から30年以上前、私が中学三年生だった頃の三者面談と言えば、先生から、

 

「どんな職業に就きたいんだ?」

 

と必ず尋ねられたものですが、今はそんなこと聞かないそうです。では、先生がどんなことを言ったかというと、

 

「今は技術が日進月歩で進んでいます。今ある職業が10年後にもあるかどうか分かりません。中学三年生で将来の職業を決めてしまうのは高リスクです。今は高校受験で1点でも多く点数を取ることに専念して下さい。」

 

と言ったそうです。これには妹が戸惑ってしまい、

 

「本当にそれでいいんでしょうか?」

 

と聞き返したところ、

 

「あなたが、中学生だった頃に今の世の中を想像できましたか?」

 

と質問で返され、

 

《たしかに、その通りだわ》

 

と妹は納得して帰ってきたようです。

 

あらためてそう言われてみれば、私が生きてきた47年の間にも技術革新や規制緩和でなくなってしまった仕事ってけっこうあるなと思いました。今は研究段階の人工知能とか、10年後にはスゴイことになってそうだし。10年先が予測できない社会で生きていかなければならないこれからの若者たちって、なんだか大変そうです。