うつ病、無職の雑記帳

孤独です。しあわせになりたい。

2019-04-01から1ヶ月間の記事一覧

お金持ちは歩かない

私は毎朝、テレビ東京で経済ニュースばかり流している番組を見ています。 すると、現在、東京晴海で建設中のオリンピック選手村を扱いました。選手村はオリンピック終了後にリホームしてマンションとして売り出され、学校、ショッピングモール、病院などもあ…

君の話

三秋縋、早川書房☆☆☆たいへん魅力的なアイデアだと思いました。 長く生きると過去の経験に良くも悪くも制約されるものですが、この本の世界では、記憶を改変または消去できる薬があって、それを服用すると、嫌な記憶を完全に忘却できたり、経験できなかった…

あなたの人生、片づけます

垣谷美雨、双葉社☆☆☆4つの短編がおさめられています。4つともに登場するのは50代の小太りなおばちゃん、大庭十萬里(おおばとまり)です。 短編のそれぞれには、十萬里のお客になる片づけられない人が登場します。症状はバラバラで、汚部屋に暮らしてい…

ぬるま湯女子会、38度

南綾子、双葉社☆☆☆30代独身女性にむけて書かれたおとぎ話です。まず、本の冒頭に主だった登場人物の紹介が書いてあるので、それをそのまま書き写しておきます。 ・・・・・今野百恵(31)印刷会社の事務職。ジャッキーチェンが大好きだがみんなには秘密…

「世界征服」は可能か?

岡田斗司夫、ちくまプリマー新書☆☆☆読み始める前、私は、かつて世界征服を目指したアレキサンダー大王、チンギスハン、ナポレオン、ヒトラーなどを評論する本だとばかり思ってました。ずばり、全然違います! 研究対象は、【死ね死ね団】、【ショッカー】、…

ふたご

藤崎彩織、文藝春秋☆☆☆本の題名は《ふたご》だけど、主な登場人物の月島悠介と西山夏子は双子ではありません。二人は、中学で知り合ってから友だちでもなく、恋人でもないという微妙な関係で物語の終わり、年齢で言うと二十歳前後まで濃密に交わるのです。 …

蕨にある気持ちの良い接客のバイオリン工房

ネットオークションで手に入れたバイオリンは駒が高くて弾きづらいものでした。ネットオークションでは、購入前に楽器を試奏できない分、市価の6割引き~8割引きでバイオリンを落札できるのですが、その代償ですね。 なんとかしなくちゃなぁ、と思ったので…

201904運用報告

先月の損益の増減は -16,244円/月 でした。 ★先月の最優秀と最下位 最優秀 積水ハウス +9.2%/月最下位 住友化学 -7.5%/月 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 積水ハウスは、私が買った直後にスルガ銀行のアパート建設にかか…