マイルド生活スーパーライト

f:id:asuniwanarou:20210302153809j:plain

丹下健太、河出書房新社

☆☆☆

読み終わって、

 

「題名が内容をそのまま表している本だなぁ」

 

と思いました。

 

主人公は、25歳前後と思われる独身男性で、派遣社員をしています。

 

ニートよりはましなのですが、物語の中で努力と呼べるようなことは一切せず、

 

・風俗で性欲を処理する
・仲間と朝まで酒を飲む
・所持金がなくなるまでパチンコを打つ

 

などして、ただただ無為に時間を過ごします。まさに、

 

【マイルド生活スーパーライト

 

なのです。

 

私の祖母は、私が高校生のころから介護が必要になり、それを身近に見ていた高校生の私は、

 

『いつまでも健康ではいられない』

 

と肌で感じてました。

 

だから、社会人の間にできるだけ貯金しなきゃ、と考えていたので、就職してスグに給与天引き貯金を始めたし、風俗やギャンブルで散財するとかは思いつきもしませんでした。

 

共感したり、ためになったりはしなかったけれど、この物語の主人公のような人が60歳になっても貯金ゼロになるんだなぁ、と分かりました。

 

しかし、将来に不安を持ちながらコツコツ貯金して、60歳で2千万円貯める人生と、なんの心配もなくのんきに宵越しの金は持たない生活を続けて60歳になる人生とでは、どちらが幸せかは微妙ですね。