人生が余った

f:id:asuniwanarou:20210608152057j:plain

うつ病、無職、52歳の私は近ごろ、

 

「私の人生は、すでに余生だな」

 

と思います。

 

職場でイジメられて42歳でうつ病発症、自己都合退職となり、数年間療養したのち、就職活動したけれど、3百通以上の不採用通知を受け取って、

 

「私は、今の日本に必要ない」

 

ということがわかりました。

 

世間から必要とされなくとも生きがいがあれば、有意義に時間を過ごせるのでしょうが、まったくありません。

 

やってみたいことはだいたい挑戦して、すべてに才能がないことが分かったので、

 

「もぉ、イイや」

 

って感じ。一流になれないことにお金をかけて続けても無意味ですしね。

 

こんなとき、心の隙間を埋めるために何かに依存する人もいますが、そういったものもないんです。ギャンブル、お酒やドラッグ、恋愛などなど、夢中になって身を亡ぼすほどのめり込めたら、生きている実感を感じられるんでしょうね。

 

しかし、こんな無気力な時間を過ごしているクセに、私は思考が合理的で、

 

「それって、なんの得があるの?」

 

と行動する前に考えちゃうんです。だから、何の挑戦もせずにダラダラと生きています。そうすると、

 

「人生が余った」

 

となってしまうのです。

 

あぁ、この世はつらい。